So-net無料ブログ作成

ナルト疾風伝 253話 [ナルト疾風伝 253話]

253話 ナルト疾風伝 「平和への懸け橋」

時空間移動をはかる自称マダラのトビ。

しかし、小南の用意した起爆札によって
時空間忍術を封じた。

1.jpg

小南は、トビが己自身を時空間移動する時
肉体を実体化しないと移動できないことを分析済みだった。

さらに、その移動時間は自分以外を
吸いこむ時よりも遅いことも…。

そして…。









トビも時空間で飛ぶのでなく、起爆札を
すりぬける方へシフトしなければやばかった。

そして、子南はトビが物質をすり抜けていられる
時間は約5分であることも知っていたのだ。

トビの周りは全て起爆札!
6000億枚の起爆札をトビはかわせるのか!?

この起爆札は10分間起爆し続ける。

トビは、顔面の仮面をへし折り、
写輪眼を発動させた!!


チャクラを消費した小南。
これでトビを確実に…思った瞬間!

後ろからトビが!!!!

3.jpg

起爆札で死んだのではなかったのか!?

光を失うことと引き換えに現実と幻術を
つなげることができる禁術“イザナギ”。
うちはと千住の両方の力を持つ者のみ使える技!!

しかし、うちはと千住両方の力は
六道の力、トビにそんな力があるはがない。

なのにトビは使うことができるその理由とは?
いったい何者!?

4.jpg

負けてしまった小南。
幻術をかけられ長門の居場所のバレてしまった。
一人にだった小南も師、友のいるとこへ…。

15.jpg

そして、
トビは輪廻眼とナルトの情報を得て、
九尾を取りに行く!!

16.jpg

次回 「ドS級極秘任務」 お楽しみに!





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。