So-net無料ブログ作成
検索選択
アクセル・ワールド 4話 ブログトップ

アクセル・ワールド 4話 [アクセル・ワールド 4話]

4話 アクセル・ワールド 「Declaration;告白」

チユリをバックドアしている者に
バレないように確認だけをして閉じ、
翌朝ユキヒメと登校したハルユキ

1.jpg


お互いなんだか変で、
ユキヒメはハルユキに対して、
友達を疑い直結して確かめるなどと
無理なお願いをして大人げないと…

3.jpg

2.jpg

ハルユキもチユリと直結して、
変な夢を見ていた


それでも、
チユリと直結したことをユキヒメに伝えると、
ユキヒメの歩くペースがだんだん速くなり

4.jpg

直結した場所がチユリの部屋で、
コードが10cmという近距離だと知ると、
急にユキヒメは冷たくなった

5.jpg

6.jpg






その帰りに、
ユキヒメは門の前で待っていた

7.jpg


一緒に帰ることになり、
昨日の話を伝える

ユキヒメに対戦を申し込むのは、
チユリではなくチユリに誰かがウィルスを
仕込んでバックドアを作っていたのだ!!

8.jpg


だから、校内に出現することができた






しかし、
ユキヒメはハルユキの
様子がおかしいことに気づく

怒っているようではないが、
ハルユキは単なるコマにすぎない
ただの道具であり、いらなくなったら
捨てればいい。



それを聞いたユキヒメは、
私も感情を完全にコントロールはできない



そう言うがハルユキは…





「先輩は完璧である自分が嫌いなんだ!」

9.jpg


「だから、こんな僕のような者に好意を示して、
自分をおとしめ汚そうとしている」

「そんなことをしなくても僕は
あなたの言う通りに働きます」

「代償なんていらない。
 ただの捨て駒、命令されるだけの道具。
 それが僕にとって相応しい扱いだって
 あなたも本当はわかってるんだ!!!」

こう強く訴えた…

10.jpg






ユキヒメは泣きながら
ハルユキをひっぱたいた!

11.jpg

12.jpg

13.jpg


そして、バカをハルユキに向かって連発した

14.jpg





そんな時に、道路から車が
二人に向かって突っ込んでくる!!

ギリギリでバーストリンクを発動した
しかし、ただ加速しただけで回避できた訳ではない

15.jpg



この時代に故意でない
限り車での事故はありえない。

16.jpg

そう運転手はアラヤだった!!








こんな状況だからこそユキヒメは、
ハルユキに今なら信じてもらえると思いこう言った…

17.jpg

ブレインバーストの最大の力で君を守る
これはレベル9以上者しかできない
さらに、ポイントの99%を失う

18.jpg







私の最後の言葉…











私は君が好きだ

生まれて初めての感情だ

全く制御できずに戸惑うばかりだ

いつでも君のことを考えて うれしくなったり

悲しくなったりしているよ

19.jpg





これが恋というものだったんだなぁ





20.jpg


ハルユキ 「どうして…僕 なんです?」
     「こんな僕をどうして…」









21.jpg

25.jpg

それは、
ファーストコンタクトの時だった

22.jpg

あのゲームのハイスコアを出したのは、
実は加速を使ったからだった

27.jpg

ハルユキの興味を引き、
説得しやすくするために

23.jpg

ユキヒメは6年前にバーストリンカーになった
以来、強さと速さを渇望し、数え切れないほどの
敵を斬り倒し、友の血にまで両手を染めた…

24.jpg

そんな私にですら君の刻んだ
スコアにはとうてい及ばなかった






君は速い!!!誰よりも!!!!

26.jpg

いつか加速世界最速のリンカーとして
あまねくその名を知られるようになるだろう

28.jpg

王達を倒し、その地平すら越え
ブレインバーストの根源へと達するだろう

29.jpg

30.jpg

そして知る我々の悩と魂に
秘められた究極の可能性を






ユキヒメは、ハルユキがあのゲームを
プレイする姿を見て震えたのだ

人はこれほど速くなれるのかと…



でも、現実の君はとてもふらじゃいるで、
切ないほどに痛々しくて、私は胸が引き
裂かれるようだった



未来の王に膝ま付きたい!

しかし同時に、

君を守って包んであげたい

そんな相反する気持ちがどんどん
膨れ上がって恋していたんだ

31.jpg

32.jpg





気づいたのは昨日のことだった…


ハルユキはチユリの話をした時に
嫉妬する というのも

生まれて初めてのことだったのさ

気づくのが遅すぎたか…
過ぎるということはないな!

33.jpg





こうして告白できた






ちゃんと現実で君と向き合っていたかったが

そろそろお別れのだ




強くなれ!

そして

速くなれ!


頂点に登りつめ、
私の見たかったものを見せてくれ




ハルユキは拒んだ
ユキヒメが犠牲になることを
守るために…なのに、何一つ…



その瞬間、ユキヒメが!?

34.jpg

35.jpg

36.jpg







最後にユキヒメは
フィジカルフルバースト発動した

37.jpg

ハルユキが気がつくと、
横には血まみれに横たわった先輩が!?

38.jpg

39.jpg

40.jpg





病院に搬送され緊急手術が行われ、
一命は取り留めたが油断はできない状態だった

41.jpg

家族の人が来るまで、一人にさせない思いと
入院中先輩はネット接続されたままになる

43.jpg

その間に対戦が申し込まれないよう
見張っておくために病院にい続けた

42.jpg





翌朝、病院にやって来たのは
黛拓武(マユズミタクム)だった

44.jpg

なんで拓武が病院に!?

45.jpg

学校では先輩の噂は流れているが、
拓武とは学校は違う…

チユリが言ったので
あれば一人では来ないはず…

チユリにバックドアをしかけ、
ハッキングしていたのはもしかして!?

声をかけた瞬間、
拓武の口からあの言葉が出ると思い

同時に「バーストリンク」を発動した!!!!

46.jpg

ハルユキはユキヒメが対戦を申し込まれる前に
先に申し込むことが出来るのだろうか?

47.jpg

48.jpg



次回 「Aviation:飛翔」 お楽しみに!


*当ブログをお気に入り頂けましたらRSSの登録、
facebookページに「いいね!」をお願いいたします!



アクセル・ワールド 2 (電撃コミックス)

アクセル・ワールド 2 (電撃コミックス)

  • 作者: 川原 礫
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2011/07/27
  • メディア: コミック



【関連記事】
・アクセル・ワールド 1話 「Acceleration;加速」
・アクセル・ワールド 2話 「Transformation;変移」
・アクセル・ワールド 3話 「investigation;探索」
・アクセル・ワールド 4話 「Declaration;告白」
・アクセル・ワールド 5話 「Aviation:飛翔」
・アクセル・ワールド 6話 「Retribution;応報」
・アクセル・ワールド 7話 「Retribution;修復」
・アクセル・ワールド 8話 「Temptation;誘惑」
・アクセル・ワールド 9話 「Escalation;激化」
・アクセル・ワールド 10話 「Activation;出撃」

アクセル・ワールド 4話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。