So-net無料ブログ作成
バクマン。2 24話 ブログトップ

バクマン。2 24話 [バクマン。2 24話]

24話 バクマン 「表現力と想像力」

1.jpg

完全犯罪クラブは連載にするのか…。
多数決にした結果は、編集長にゆだねられた。

その結果は…!?




高木宅でクリスマスの準備を済まし、
結果の報告を待つ最高、高木、香耶は緊張していた。

そして高木の携帯がなる!
三浦さんかの報告は、連載決定だった!!!!!

12.jpg



さっそく、ケーキでおうとすると
福田、新妻からわざわざ電話をがかかってきた。

13.jpg

ここでライバル確認を済ませ、
これからに身に引き締まる最高と高木。

香耶には、蒼樹から電話がかかってくる。
そして、香耶からケーキを受け取ってフォークを
手にし、ケーキへ突き刺したら中に何かが入っていた!?

ケーキの中には、USBメモリーが入っていた。
前に最高が亜豆のために“絵”をプレゼントしたから、
今度は亜豆は“声”を最高に贈った。

前より歌がうまくなっている亜豆。
それを感賞する3人だった。

14.jpg




そして、担当替えの発表があった。
三浦さんは亜城木夢叶の担当を外れ、
服部さんが戻ることになった。

三浦さんは、「+ナチュラル」の担当になった!!





その時、平丸さんはラッコフィギュアがバカ売れしていた。

19.jpg

“今週の蒼樹紅先生”はラッコフィギュアを欲しがっているだった。

22.jpg

その時、蒼樹紅から電話がかかってきた。

21.jpg

しかし、そのフィギュアはアシスタントが欲しいらしい
吉田氏と言っていることが違う…w


玄関に向かう平丸だが、
もうそこには吉田氏はいなかった。
そこにいたのは、ラッコ11号のフィギュアだった。

26.jpg
ラッコ笑っているw
平丸さんドンマイ・・・。




服部さんと三浦さんが亜城木の仕事場に!
そして、服部さんはどうして連載になったのか告げる。

勝てる見込みがあるから連載になったのではなく、
“これなら勝てる可能性がある”から連載になった。

それを聞いた最高と高木は、
勝てる作品を作りなおすと言い出す。

28.jpg

漫画にかける熱意!
これが亜城木夢叶なんだ!!
服部はそう思った。

バトルものなのか、
どこがエイジに負けているのか
服部さんにアドバイスを受ける。

服部さんは、マンガとしての表現力が負けている。
一方、デッサン力やアイディアの量は勝っていると。

エイジは、「+ナチュラル」は原稿から描きあげている。。

原作とマンガを見比べもエイジが、
より面白くしていることが分かる。

そう想像力が凄いのだ!

あと、セリフのないコマや背景のコマ、
ズームアウトして全体を見せるコマ、
無言のキャラのアップ。

33.jpg

これは読者が自由に意味を持たせられるし、
想像力を膨らまさせることができると最高は言う。


服部さん、三浦さんが帰ったところで
改めてエイジの凄さを感じる高木。

最高は、これからいかに想像力を膨らませて
高木のネームをよりよく表現するにはと考える。




そして、最高が思いついたのが
文章からネームを仕上げること。
それによって、コマ割りや想像力が膨らむ。

34.jpg

高木もネームを書かない分、
キャラとか慎重に練る事ができると先が見えた。



福田も亜城木夢叶に負けないよう
新しいネームを描いていた!

35.jpg

これからどんな激闘が始まるのか!?

次回  「票と表」 お楽しみに!


*当ブログをお気に入り頂けましたらRSSの登録、
facebookページに「いいね!」をお願いいたします!



バクマン。1 〈初回限定版〉 [DVD]

バクマン。1 〈初回限定版〉 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: DVD



バクマン。2 24話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。