So-net無料ブログ作成
検索選択
偽物語 第6話 ブログトップ

偽物語 第6話 [偽物語 第6話]

6話 偽物語 「かれんビー 其ノ六」 
結果から言えば、“かこいばち”の毒を全部取り除くことはできなかった。けれども、火憐の熱はある程度ひいた。阿良々木は、置き手紙をして出かける。外を歩いていると八九寺が…。いつも通りと思いきや、普通に声を掛けただけ、セクハラ行為がなくなった。怒る八九寺。顔も見たくなくなるまで。で、八九寺は阿良々木が真剣で顔色が悪いと何かあったと気づく。阿良々木は、八九寺に“かこいばち”を説明した。阿良々木が八九寺を助けたように、妹もたくさんの人を助けているでしょうと八九寺はいう。でも、妹はガキっぽい、人の話も聞かない。あいつらがおとなしくしている間に解決しないといけない…大人しく。大人っていつなるのだろうか、阿良々木は思う。八九寺は、そうを言うことを言っているうちはなれない、成人が大人っていってもそんなの時代によって違う、働き始めたら大人っていう考え方もあるが、別に働かなくても大人になれる。歳を経れば大人になれると解釈する阿良々木。まあでも、中学生に大人になれって言ってもって無理だと改めて思う阿良々木がいた。実年齢的に、子供なのだから。ちなみに、八九寺は自分のことを「体は子供、頭脳は大人。」名探偵だった。
戦場ヶ原の家に着くから八九寺とはここまでお別れ、しかし、この先八九寺にいったい何が起こるのか…知らなかった。なんて、いやマジで知らないだけの阿良々木。

戦場ヶ原の家。鉛筆をカッターで研いでいた戦場ヶ原がいた。戦場ヶ原は、たまたま持ち歩いていた100本の尖った鉛筆が、何かのはずみで第三者に刺さってしまったとしても、それは事故よねなんて。阿良々木は、事件だ。鉛筆で人を殺した事件が三面トップを飾ると素早い突っ込みを。とりあえず、家にあがらせる戦場ヶ原。あの後、羽川と話したことを伝えると、動揺する戦場ヶ原。なぜか羽川に対して卑屈だ。ともかく戦場ヶ原は、貝木に会いに行くみたいだ。前の名刺が残っていて、電話して話をしたらしい。阿良々木は、一緒に行くことを提案する。妹が絡んでるからこそ手をひけない、そして戦場ヶ原も絡んで…。貝木には、詐欺にあったけど、それは自分が騙されたのが悪い。だから、筋を外すわけにはいかない。でも、貝木は両親に離婚するように促した。だから、それは許すことはできない、許せば私が私でなくなる。貝木は、金の欲しさに戦場ヶ原の出会った蟹を握り、家族をめちゃくちゃに。戦場ヶ原は、阿良々木を守ると言うのは二の次で口実、結局貝木を憎んでいる。でも、貝木は偽物の詐欺師、戦場ヶ原の話では貝木は戦場ヶ原の蟹を気づいていたかのように聞こえる。でも、本物以上の力を持つ偽物は、本物以上に厄介。戦場ヶ原は、罪を犯すのではなく罰を与えたい。でも、阿良々木は戦場ヶ原を愛しているんだぞ、と改めて告白。だから、一緒に行くことになった。お互いに守り合うことを約束。
阿良々木が家に帰ると、月火が火憐がいないと動揺していた。阿良々木は、めちゃくちゃ怒っていた。阿良々木は、火憐がまず行きそうな場所を考える。その時、忍が出てくる。忍は、阿良々木に逆らうことはできない。忍は、協力してあげるが、こちらから申し出るのは決まりが悪いので対面上“命令”という言葉を使っていると気づけと。この眠気のタイミングでの登場、どう考えても協力するために出てきた。火憐と阿良々木の血の構造は似ていて、その匂いで場所を突き止めることができる。どうやら火憐の居場所は…。

次回 「かれんビー 其ノ七?」 お楽しみに!



【関連記事】
化物語 1話
化物語 2話
化物語 3話
化物語 4話
化物語 5話
化物語 6話
化物語 7話
化物語 8話
化物語 9話
化物語 10話
化物語 11話
化物語 12話
化物語 13話
化物語 14話
化物語 15話

偽物語 第1話
偽物語 第2話
偽物語 第3話
偽物語 第4話
偽物語 第5話
・偽物語 第6話
偽物語 第7話
偽物語 第8話
偽物語 第9話
偽物語 第10話


タグ:偽物語 第6話
偽物語 第6話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。