So-net無料ブログ作成
偽物語 第1話 ブログトップ

偽物語 第1話 [偽物語 第1話]

偽物語 1話 「かれんビー 其の壱」
拉致監禁されているのは阿良々木暦(あららぎこよみ)。気がついた時にやってくるのが、戦場ヶ原ひたぎである。手錠を外せと戦場ヶ原に頼むが、断られる。しかし、戦場ヶ原が犯人であるか分からない。戦場ヶ原の目的は、阿良々木を守る…。排泄物は、戦場ヶ原が責任もって処理してくれるという、しょっぱなから“重い愛”だと思う阿良々木がいた。

7月29日(土)朝、この夏休み、阿良々木は学年トップの戦場ヶ原と羽川に日替わりで勉強を教えてもらっていた。しかし、この日担当の羽川から急用ができたと…暇人に。家には、妹がいてでっかい方の妹はお出かけ。妹曰く、トラブルを解決しに出かけたと。結局、阿良々木は暇人ということで前に約束していた千石と会うことに。妹も誘うが、千石も阿良々木だけが来ると思っていると妹が言うし、一緒に行くことを拒否。最近、でっかい妹とも喧嘩の数が減っていると妹は言う。最近、物分かりがよくなって大人になっていくお兄ちゃんが嫌みたいだ。喧嘩の数が減ったのは、吸血鬼になったせいではずみで殺してしまうかもしれないからだった。

千石の家に会いに行く途中、八九寺を見かける。八九寺に今日は、何をしているのかと聞かれたので、千石の家に行くと。八九寺に自分は吸血鬼だと改めて告白、親に隠し続けるのはどうか心配に。八九寺は、わざわざバカ正直に話す必要はない、家族だからと言って秘密の1つや2つはあると思う、秘密を共有することはその相手をまき込むことになる、話すことによって自分は楽になるかもしれないが、辛い思いをするのは家族だとごもっともなことを。そして、今阿良々木に必要なのは秘密を持ち続ける勇気なのだと断言。

八九寺は、“勇気”という言葉を語尾につけるとなんでもポジティブに置換できる。阿良々木は、日本語はそんな単純な構造になっていないと否定する。阿良々木は、それで納得させることができたら、この場で逆立ちをするという。逆立ちは、よりよい土下座を追求した姿勢だと。その代り、納得させれなかった八九寺が逆立ちをすることになった。

まず、小手調べに“恋人に嘘をつく勇気”。ただ嘘をついているだけなのに、その嘘がまるで優しい嘘であるかのようだと納得する阿良々木。次に“仲間を裏切る勇気”。結果として仲間を裏切っただけなのに、まるでそうすることによって仲間を守ったかのような印象になる、そんなことは一言もいっていないのにと納得してしまう阿良々木。“怠惰に暮らす勇気“。何もしてなく無駄に時間を消費しているだけなのに…。最後に、“負けを認める勇気”で阿良々木は負けたを認めた。逆立ちをする阿良々木。結局、逆立ちをすることで八九寺のパンツが見えた。八九寺は、自分自身で開発した技術で苦しむことになった。八九寺の奥儀は阿良々木によって完成された。それにしても、八九寺はうさぎのパンツを履いていた。

八九寺は、最後に家族が不幸にも舞台裏に足を突っ込んでしまったら、その時に導いてあげたらいいと、それまでは何もしない方がいいと阿良々木に言う。

話し込んだ八九寺に、阿良々木は聞く。「お前は、いなくならないよな。」と。忍野がどこかに行ったことで心配する阿良々木。いつかあんなふうにいなくなってしまうのではないかと・・・。自分の都合を押しつけるのは、忍野か八九寺だと光栄に思う八九寺。八九寺からの質問は、また困ったことがあったら助けてくれますか、だった。私が今いるのは何か意味がある。それが、見つかるまではいなくならない、怒られるのは怖いからいなくなる時はちゃんと言いますよ、と言って…。

次回 「かれんビー 其ノ弐」 お楽しみに!




【関連記事】
化物語 1話
化物語 2話
化物語 3話
化物語 4話
化物語 5話
化物語 6話
化物語 7話
化物語 8話
化物語 9話
化物語 10話
化物語 11話
化物語 12話
化物語 13話
化物語 14話
化物語 15話

・偽物語 第1話
偽物語 第2話
偽物語 第3話
偽物語 第4話
偽物語 第5話
偽物語 第6話
偽物語 第7話
偽物語 第8話
偽物語 第9話
偽物語 第10話


タグ:第1話 偽物語
偽物語 第1話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。