So-net無料ブログ作成
検索選択
咲-saki- あらすじ 第14話 ブログトップ

咲-saki- あらすじ 第14話 [咲-saki- あらすじ 第14話]

14話 咲–saki- 「存在」

和のパーフェクト達成で会場が盛り上がる中、オーラスに突入。実況も原村より、その中テンパイする透華は、闇で11600あればデジタルではリーチしないはずがリーチする。いつもの透華なら打点より甲羅率を優先して闇テンにするはずが…。目立ちたいがためにデジタルを捨てたのだった。それが結果的に場の流れを自分に引き込んだのかもしれませんね。

しかし、透華は鶴賀に振り込む。しかも、リーチを見逃してだ。普通なら考えられなこと、今までにもないことだ。観客もただ単に振り込んでないと疑問に思う。そこには、鶴賀の能力にあった。消えるという能力だ。“ステルス”モモの始まりとなる。

“ステレス”モモは、小さい頃から存在観がないと言われていた。踊ったり、歌ったりしなと存在に気づかれない。しかし、そんな私を見つけたのがゆみだった。

県予選のエントリーの期限が近かった。麻雀も強く、性格もいいことが分かったが、モモを見つけることができなかった。しかし、1年A組にいる所までつきとめた。ゆみは、教室に入って“私は君が欲しい″と強く叫ぶ。これがきっかけで、モモは麻雀部に入った。これが、「ゆみちん1年A組乱入事件」と広まった。

モモの能力は、モニーター越しでは効かない。その場にいる者のみに効く。透華が運とペースを味方につけるかと思いきや、2度も振り込んでしまう。

見つけてくれた先輩のために頑張るモモ。
これで、4校との戦いが面白くなってきました。

次回 「魔物」 お楽しみに!


*当ブログをお気に入り頂けましたらRSSの登録、
facebookページに「いいね!」をお願いいたします!




【関連記事】
咲‐saki‐ あらすじ 第1話
咲‐saki‐ あらすじ 第2話
咲‐saki‐ あらすじ 第3話
咲‐saki‐ あらすじ 第4話
咲‐saki‐ あらすじ 第5話
咲‐saki‐ あらすじ 第6話
咲‐saki‐ あらすじ 第7話
咲‐saki‐ あらすじ 第8話
咲‐saki‐ あらすじ 第9話
咲‐saki‐ あらすじ 第10話
咲‐saki‐ あらすじ 第11話
咲‐saki‐ あらすじ 第12話
咲‐saki‐ あらすじ 第13話
・咲‐saki‐ あらすじ 第14話
咲‐saki‐ あらすじ 第15話
咲‐saki‐ あらすじ 第16話
咲‐saki‐ あらすじ 第17話
咲‐saki‐ あらすじ 第18話
咲‐saki‐ あらすじ 第19話
咲‐saki‐ あらすじ 第20話
咲‐saki‐ あらすじ 第21話
咲‐saki‐ あらすじ 第22話
咲‐saki‐ あらすじ 第23話
咲‐saki‐ あらすじ 第24話
咲‐saki‐ あらすじ 第25話

咲-saki- あらすじ 第14話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。