So-net無料ブログ作成
検索選択
咲-saki- あらすじ 第9話 ブログトップ

咲-saki- あらすじ 第9話 [咲-saki- あらすじ 第9話]

咲-saki- 「開眼」

大会団体決勝は先鋒戦、片岡優希、龍門渕の井上純、風越の福路美穂子、鶴賀の津山睦月のメンバーで試合開始。試合前にタコスを井上に食べられ問題発生かと思いきや、福路のタコサンウインナーで元気MAX。序盤(東場)、井上は流れを変えるという非化学的なことをしてトップで終局。南場から優希の回だったが、終わってみれば開眼した風越女子のキャプテン福路美穂子が点をもっていった。

後半戦、優希は京太郎が買いに出たタコスの補給で充電完了。調子が出るけれど、井上の異常な鳴きに手筋を潰される。気分にむらがある優希、一度この感じを味わったことがあると過去を振り返る。この感じは、合宿で感じたことだった。その合宿中に麻雀に向いてないのか嘆いている時に、部長から一言「立ち止まらず、一歩一歩進んでゆけば見えてくるものがある。」諦めてしまえば簡単だけれども、団体戦は総合力の勝負。1点でも多く積み上げたほうが勝つ。とキャプテンらしいアドバイスをかける。それを思い出した優希は、活気を取り戻す。

ただ、この後半戦は福路が大活躍する。絶対の自信で力で押す井上と対照的。優希には敵に塩を送るようでいて井上の点を削る。しなやかでいて、したたかな福路の打ち方だった。

次鋒からの巻き返しが期待される。

そして天江衣が姿を現す。

次回 「初心者」 お楽しみに!


*当ブログをお気に入り頂けましたらRSSの登録、
facebookページに「いいね!」をお願いします!




【関連記事】
咲‐saki‐ あらすじ 第1話
咲‐saki‐ あらすじ 第2話
咲‐saki‐ あらすじ 第3話
咲‐saki‐ あらすじ 第4話
咲‐saki‐ あらすじ 第5話
咲‐saki‐ あらすじ 第6話
咲‐saki‐ あらすじ 第7話
咲‐saki‐ あらすじ 第8話
・咲‐saki‐ あらすじ 第9話
咲‐saki‐ あらすじ 第10話
咲‐saki‐ あらすじ 第11話
咲‐saki‐ あらすじ 第12話
咲‐saki‐ あらすじ 第13話
咲‐saki‐ あらすじ 第14話
咲‐saki‐ あらすじ 第15話
咲‐saki‐ あらすじ 第16話
咲‐saki‐ あらすじ 第17話
咲‐saki‐ あらすじ 第18話
咲‐saki‐ あらすじ 第19話
咲‐saki‐ あらすじ 第20話
咲‐saki‐ あらすじ 第21話
咲‐saki‐ あらすじ 第22話
咲‐saki‐ あらすじ 第23話
咲‐saki‐ あらすじ 第24話
咲‐saki‐ あらすじ 第25話

咲-saki- あらすじ 第9話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。