So-net無料ブログ作成
検索選択
咲-saki- あらすじ 第7話 ブログトップ

咲-saki- あらすじ 第7話 [咲-saki- あらすじ 第7話]

咲-saki- 「伝統

第1回戦、副将戦・原村和の対局が始まる。
観客席では、龍門渕の透華、久、まこなど、他の高校からも注目されている。

和は、合宿で特訓からエトペンギンを抱いて、対局する。
ネット対局の時に近づけるようにするためにだ。

和は、第1切りは時間を使う、その後の切りは早く、牌が来た時に何を切るか考えついている。デジタル打ちだ。

和の打ち方を見ている透華は、ネット麻雀界最強とい噂されている“のどっち”が和でないか疑っている。
そして、切り方、待ち方が“のどっち”であると確信する。

和のはりは早く周りは追いつかない。トップをキープ、むしろ引き離して終局。


大将・咲きは、対局は映像になないが、他校の話によると一瞬にして東福寺を飛ばして終わらせる。
それを、聞く龍門渕は冷や汗をかく・・・。


決勝に残ったのが、龍門渕、清澄、鶴賀、そして“伝統の風越”が帰ってきた。
しかし、風越のキャプテンの3年・福路さんはOG・コーチの久保貴子からビンタ。
キャプテンが生ぬるいと下(後輩)がぬるい打ち方になると、厳しくあたる。

さらに、福路の後輩である2年・池田華菜にも手をあげようとしたが、福路が手を抑えて“彼女にミスは私のミス”と後輩をかばう。私は、“この子を誇りに思う”と後輩思いの先輩である。

龍門渕も決勝行ったということで、福路はリベンジに挑む。
風越が最強だということを・・・。

次回 「前夜」 お楽しみに!

*当ブログをお気に入り頂けましたらRSSの登録、
facebookページに「いいね!」をお願いします!



【関連記事】
咲‐saki‐ あらすじ 第1話
咲‐saki‐ あらすじ 第2話
咲‐saki‐ あらすじ 第3話
咲‐saki‐ あらすじ 第4話
咲‐saki‐ あらすじ 第5話
咲‐saki‐ あらすじ 第6話
・咲‐saki‐ あらすじ 第7話
咲‐saki‐ あらすじ 第8話
咲‐saki‐ あらすじ 第9話
咲‐saki‐ あらすじ 第10話
咲‐saki‐ あらすじ 第11話
咲‐saki‐ あらすじ 第12話
咲‐saki‐ あらすじ 第13話
咲‐saki‐ あらすじ 第14話
咲‐saki‐ あらすじ 第15話
咲‐saki‐ あらすじ 第16話
咲‐saki‐ あらすじ 第17話
咲‐saki‐ あらすじ 第18話
咲‐saki‐ あらすじ 第19話
咲‐saki‐ あらすじ 第20話
咲‐saki‐ あらすじ 第21話
咲‐saki‐ あらすじ 第22話
咲‐saki‐ あらすじ 第23話
咲‐saki‐ あらすじ 第24話
咲‐saki‐ あらすじ 第25話

咲-saki- あらすじ 第7話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。