So-net無料ブログ作成
リコーダーとランドセル あらすじ 第1話 ブログトップ

リコーダーとランドセル あらすじ 第1話 [リコーダーとランドセル あらすじ 第1話]

第1話 「あつしとあつみ」

広場の芝生に座っている、イケメンのあつしがいる。中学生か高校生の女子生徒が、イケメンが楽器の練習をしていると夢中してみている。

しかし、あつしは小学5年生。明日のテストに向けてリコーダーの練習をしていた。とても下手で、女子生徒は逃げ帰っていった。

翌日、家を出る時に姉に呼び止められる。今日は寒いからコートとマフラーをコーディネートしてもらう。身長が高いためイケてるお兄さんに見えるあつし。ランドセルを背負わなければ・・・。

姉と一緒に登校するあつし。小学生で普通のようにみえるけど、身長差で複雑な感じ。
姉の友達と遭遇、あつしとあつみが別の道に行く際、その友達はあつしのイケメンさに胸キュン。


その後、あつしはひなちゃんに呼び止められる。同じ小学5年生っぽい。
そして、ひなちゃんが“今日寒いね”というが、姉に服のコーディネートしてもらったと、普通に会話する。
優しい、あつしはひなちゃんにも着てみるか聞く。
コートが大きすぎて着れないとひなちゃんが答えるから、マフラーを貸すことにした。

高身長なあつしが小学5年生の女の子と会話していると不審者にみえる。
その行動に不審をもった通行者が警察に通報。

マフラーを着せてあげる瞬間あつしは現行犯逮捕される。






リコーダーとランドセル あらすじ 第1話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。