So-net無料ブログ作成

Another 11話 [Another 11話]

11話 Another 「Makeup<惨劇>」

3組の最悪を止めるには死者を殺すしかない。
死者を見つけ、死者を殺せ!


泉美と杉浦 多佳子(すぎうら たかこ)は、
見崎を疑い始めた。



血相をかいて見崎の
ドアを開けてくる直哉。

直哉は風見 智彦(かざみ ともひこ)を
やってしまったと言い出した。

あいつが死者だと思って、
探りを入れたら過去のことを覚えていないし、
問いただしたら慌てだして、ベランダで揉めたら
下に…。



しかし、恒一と見崎は智彦のことを覚えている。
まだ死んでいないかもしれないということで、
外に見に行くことにした。


3人で行こうとすると、
食堂のドアが開いていた。

そこをのぞこうとすると、
前島君が血を出して倒れていた。

管理人がという前島君…。

食堂を覗くと火事になっていた。
その中には、管理人さんが!?


どんどん騒ぎがひどくなってきた。
智彦も外にいなかったのだ。

多佳子も悲鳴をあげていなくなるし、
三神先生もいなくなった。


直哉と優矢は、血の散った部屋を
覗くと管理人のおばさんが庖丁を持って…。


そして、多佳子を探しに行こうとすると、
多佳子が放送室であのテープを流し始めた。

泉美と多佳子は、優矢から
テープ聞かせてもらっていたからだ。


みんなが見崎に目をつけ出す。

管理人のあばさんも、
無差別にみんなに襲いかかる。



そして、見崎は死者が死ねば
こんなことにはならい。

そう言って、
どこかに向かっていった。


次回 「Stand by oneself<死者>」 お楽しみに!


*当ブログをお気に入り頂けましたらRSSの登録、
facebookページに「いいね!」をお願いいたします!



Another 限定版 第4巻 [Blu-ray]

Another 限定版 第4巻 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: Blu-ray



【関連記事】
Another 1話  Rough sketch<素描>
Another 2話  Blueprint<思惑>
Another 3話  Bone work<骨組>
Another 4話  Put flesh<輪郭>
Another 5話  Build limbs<拡散>
Another 6話  Face to face<二人>
Another 7話  Sphere joint<変調>
Another 8話  Hair stand<紺碧>
Another 9話  Body paint<連鎖>
Another 10話 Glass eye<漆黒>
・Another 11話 Makeup<惨劇>
Another 12話 Stand by oneself<死者>


【Amazon】
・Another 限定版 第1巻 [Blu-ray]
・Another 限定版 第2巻 [Blu-ray]
・Another 限定版 第3巻 [Blu-ray]
・Another 限定版 第4巻 [Blu-ray]
・Another 限定版 第5巻 [Blu-ray]
・Another 限定版 第6巻 [Blu-ray]

・anamnesis [Single, Maxi]
・凶夢伝染 [Single, Maxi]

・Another(上) (角川文庫) [文庫]
・Another(下) (角川文庫) [文庫]


タグ:11話 another

Another 10話 [Another 10話]

10話 Another 「Glass eye<漆黒>」

綾野は家族で引っ越しする予定が走行中崖から転落。

小椋は、家に帰るとトラックが家に突っ込んでいて
家族である兄貴が死んでしまった。

合宿に行けば意味があるのか…。
神頼み!?


お兄のバカーと言って投げたカンが恒一が当たった。
泉美が恒一と会ったことが
あるって言うのは、本当だった。



あのテープは、直して持って来た。
宿屋に入る前に集合写真を撮った。

宿屋に入って、個人の部屋で
テープの続きを聞いた。

その続き…・
やっとのことで下山すると
それが起こった!!!!

克己は、合宿所の近くの森で
***ってヤツとつかみ合いになった。
でも、気がつくと倒れていた。
近寄って見ると***の喉に
木の枝が突き刺さっていた。
死んでた…。


その日は、事故のせいでもう一泊することになった。
警察も来ていたけど***のことは、
誰にもいえなかった。

朝になって***のことで、大騒ぎになると
思ってたがそんな気配がなかった。

それで克己は、その場を確かめに行ったが
***の死体はなかった。


混乱した克己は、みんな聞いたがみんなは…。
「誰だよ、そいつ」
「そんなヤツいない」って

その時、克己が殺したのが
今年紛れ込んだもう一人だったと思った。


結果、
1つは、克己さんは1人生徒を殺してしまったこと。
2つ目は、その殺した人が死者であったこと。
つまり、3組の最悪を止めるには死者を殺すしかない。
死者を見つけ、死者を殺せ!

ってことが分かった。
しかし、死者は見わけがつかない。
死者本人も自覚がない。

それにしても、死者を見つけても
同級生を殺すことはできるのか?


晩食にか、赤沢の見崎に対して謝罪要求の際に
和久井 大輔(わくい だいすけ)が喘息を起こしてしまうが
薬が無く、辰治先生の車で病院に送ることになった。



そして、見崎の部屋で恒一が持ってきた写真を
見ると、見崎は死者に色ついてが見えるという。

だから、今年の死者も今回の合宿に
参加していると見崎はいう。

今年の死者とは!?
その時、血相をかいて見崎の
ドアを開けてくる直哉。

やったかもしれないと言って…。

次回 「Makeup<惨劇>」 お楽しみに!


*当ブログをお気に入り頂けましたらRSSの登録、
facebookページに「いいね!」をお願いいたします!



Another 限定版 第3巻 [Blu-ray]

Another 限定版 第3巻 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: Blu-ray



【関連記事】
Another 1話  Rough sketch<素描>
Another 2話  Blueprint<思惑>
Another 3話  Bone work<骨組>
Another 4話  Put flesh<輪郭>
Another 5話  Build limbs<拡散>
Another 6話  Face to face<二人>
Another 7話  Sphere joint<変調>
Another 8話  Hair stand<紺碧>
Another 9話  Body paint<連鎖>
・Another 10話 Glass eye<漆黒>
Another 11話 Makeup<惨劇>
Another 12話 Stand by oneself<死者>


【Amazon】
・Another 限定版 第1巻 [Blu-ray]
・Another 限定版 第2巻 [Blu-ray]
・Another 限定版 第3巻 [Blu-ray]
・Another 限定版 第4巻 [Blu-ray]
・Another 限定版 第5巻 [Blu-ray]
・Another 限定版 第6巻 [Blu-ray]

・anamnesis [Single, Maxi]
・凶夢伝染 [Single, Maxi]

・Another(上) (角川文庫) [文庫]
・Another(下) (角川文庫) [文庫]


タグ:10話 another

Another 9話 [Another 9話]

9話 Another 「Body paint<連鎖>」

恒一は、順太が死んだ光景を見た克己さんが
もらした…この言葉を耳にした。

「俺が残した物、教室に…。」



順太の葬式が終わり、
辰治先生、三神先生、恒一、見崎で
帰る途中当日の順太の様子はどうだったのを
聞く辰治先生。

恒一は、車酔いがひどく
何度も吐いていたと。

見崎は、まっすぐ泳げてなかったと。

見崎がそういうと確信したように辰治先生は、
警察が言うにはボートにひかれる前には
死んでいたのではないか。

頭部の状態が時間があわないのだ。


つまり、海に来る前から順太にはなにかが起きた、
家族によると朝家を出る前に階段から大きな音がしたらしい。

その時に頭を打っていた。
それによって、頭を打った状態で病院に行かず
夜見山を出てしまったことで死は確定した。




26年前の集合写真も見つからないまま、
その晩恒一はこれまでに死んだ人が出て来る夢を見る。

恒一のせいだって…。



次の日、直哉と優矢を喫茶店に呼んで
海に行った日に克己さんが言った事を伝える。

学校に“残した物”を探すため、次の日の
昼3時に旧校舎の美術部の部室に集合になった。


学校に来た恒一と直哉は、
綾野と小椋とすれ違う。

学校に来た理由…3組の最悪を止める
手がかりを探しに来たと説明する。

一応、直哉が2人に一緒に来るか
誘ってみたが断られて帰って行った。

「さよなら」って言って…。




美術部の部室に行くと
見崎が絵を描きに来ていた。

事情を説明して、4人で探しに行くことに!


探し始めて間もなく、
掃除道具入れに“残した物”があった。

それは、ビデオテープ・

放送室に行って、
テープを聞くことに!!!

その中身には、克己さんの声。
その内容は、主に2つの意味があった。

まず、合宿があった。
そこでお参りをすれば最悪が止まるそう思って。

しかし、全く効果はなかった。
その帰り道にさっそく人が死んだ。

雷雨に打たれたり、崖に落ちたりして。

肝心なのがこの後で、それが起こった。
それというのが…。



って聞いていると廊下から誰かが来る音が!!
他のクラスの先生だった。

続きを聞こうとすると、
直哉が慌ててテープを抜いたせいで
テープはビヨビヨになっていた。

一番大事な所を聞いていないのに…。

優矢がお店に出せば直せると言うことで、
優矢に任せることにした。



そんな4人が教室で探し、テープを聞いている間に
綾野は家族で引っ越しする予定が走行中崖から転落。
小椋は、家に帰るとトラックが家に突っ込んでいて
家族である兄貴が死んでしまった。

次回 「Glass eye<漆黒>」 お楽しみに!


*当ブログをお気に入り頂けましたらRSSの登録、
facebookページに「いいね!」をお願いいたします!



Another 限定版 第2巻 [Blu-ray]

Another 限定版 第2巻 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: Blu-ray



【関連記事】
Another 1話  Rough sketch<素描>
Another 2話  Blueprint<思惑>
Another 3話  Bone work<骨組>
Another 4話  Put flesh<輪郭>
Another 5話  Build limbs<拡散>
Another 6話  Face to face<二人>
Another 7話  Sphere joint<変調>
Another 8話  Hair stand<紺碧>
・Another 9話  Body paint<連鎖>
Another 10話 Glass eye<漆黒>
Another 11話 Makeup<惨劇>
Another 12話 Stand by oneself<死者>


【Amazon】
・Another 限定版 第1巻 [Blu-ray]
・Another 限定版 第2巻 [Blu-ray]
・Another 限定版 第3巻 [Blu-ray]
・Another 限定版 第4巻 [Blu-ray]
・Another 限定版 第5巻 [Blu-ray]
・Another 限定版 第6巻 [Blu-ray]

・anamnesis [Single, Maxi]
・凶夢伝染 [Single, Maxi]

・Another(上) (角川文庫) [文庫]
・Another(下) (角川文庫) [文庫]


タグ:9話 another

Another 8話 [Another 8話]

8話 Another  「Hair stand<紺碧>」

喫茶店で話したことを
玲子さんに話した。

玲子さんは克己さんを知っていた。

だが、合宿でなにがあったのか
それは思い出せない。


その合宿にも克己さんはいた。
やっぱり本人に会いに行くことになった。


途中、車の運転の時は
誰かが死ぬと思いましたw


でも、無事に夜見山を出られて一安心。
ホテルに到着したが、克己さんはいなかった。

帰って来るまで海で泳ぐことに!
直哉は、バーベキューセットまで持って来ていた。

浜辺に着くと、海岸には見崎がいた。
なんで!?この近くに別荘があるみたいだ。


昼食は、バーベキューセットで
二手に分かれて食材調達に行くことに!


直哉は、ナマコを釣ることができるのだねw


勝負は引き分け、
みんなで作ってみんなで食べることに。



そうしてると、克己さんが浜まで来てくれた。
玲子と克己は14年ぶり。

夏の合宿のことをちゃんと覚えていなかった。
どんな事故があったのか…。

克己さんは、なにを残したのか、
どこに残したのか、それすら覚えていない。

しかし、学校に何かを持って行ったと
克己さんが言い出した。

その瞬間、強い風が吹いてビーチボールが海に!
それを拾いに行く中尾 順太(なかお じゅんた)。

一度、溺れたかのように見えた。
でも、二度と目を覚ますことはなかった。

彼の存在に気づかないまま通り掛った船の
スクリューに巻き込まれてしまったのだ。



恒一は、そんな光景を見た克己さんが
もらした…この言葉を耳にした。

「俺が残した物、教室に…。」

次回 「Body paint<連鎖>」 お楽しみに!


*当ブログをお気に入り頂けましたらRSSの登録、
facebookページに「いいね!」をお願いいたします!



Another 限定版 第1巻 [Blu-ray]

Another 限定版 第1巻 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: Blu-ray



【関連記事】
Another 1話  Rough sketch<素描>
Another 2話  Blueprint<思惑>
Another 3話  Bone work<骨組>
Another 4話  Put flesh<輪郭>
Another 5話  Build limbs<拡散>
Another 6話  Face to face<二人>
Another 7話  Sphere joint<変調>
・Another 8話  Hair stand<紺碧>
Another 9話  Body paint<連鎖>
Another 10話 Glass eye<漆黒>
Another 11話 Makeup<惨劇>
Another 12話 Stand by oneself<死者>


【Amazon】
・Another 限定版 第1巻 [Blu-ray]
・Another 限定版 第2巻 [Blu-ray]
・Another 限定版 第3巻 [Blu-ray]
・Another 限定版 第4巻 [Blu-ray]
・Another 限定版 第5巻 [Blu-ray]
・Another 限定版 第6巻 [Blu-ray]

・anamnesis [Single, Maxi]
・凶夢伝染 [Single, Maxi]

・Another(上) (角川文庫) [文庫]
・Another(下) (角川文庫) [文庫]


タグ:8話 another

Another 7話 [Another 7話]

7話 Another 「Sphere joint<変調>」

先生は、その庖丁で自分の喉に突き刺した。
力いっぱい3度…。

これも現象のせいなのか?!
死に引き込まれてしまったのか…。


血出過ぎや!!!!
ヘビと出くわしたくらいドキドキしたあー(汗



いない者を2人に増やしてもダメだった。
それが分かったことによって、
“いない者”は終わった。


恒一と見崎は第2図書室へ。
途中で止まった年の話を聞きに来たのだ、

玲子さんの年の3組は、
8月に最悪が止まった。

しかし、誰が死者だったのか確認できなかった。

夏休みに合宿をし、神社にお参りに行ったのだ。
それによって最悪が止まるわけではなかった。
次の年も行ったが効果はなかった。

だから、その合宿で何かが起きた。
そのなにかとは…。



突然、直哉から電話がかかってきた。
喫茶店で集合することに!
中には泉美もいた。

優矢は黙っていられなくて、
詳しくお姉さんに話した。

そしたら、そのお姉さんからの情報で、
お店の常連である松永克己(まつなが かつみ)さんは
夜見北出身で3組だった。

その人の話では、“あれ”を残したと言って、
それ以上は覚えていなかった。

松永って言う人が最悪を止めた。
そして、その手掛かりをどこかに残した。


だから、その松永って言う人に会うことに!

その松永って人は、
玲子さんと同級生だった。



その話を見崎に伝えに行った恒一。
しかし、見崎は家族と出かける
用事があって行けないみたいだ。

そして、恒一は自分が死者でないのかと
疑っていたが見崎は恒一は死者ではないって…。

いったいどうして!?

次回 「Hair stand<紺碧>」 お楽しみに!


*当ブログをお気に入り頂けましたらRSSの登録、
facebookページに「いいね!」をお願いいたします!



Another(下) (角川文庫)

Another(下) (角川文庫)

  • 作者: 綾辻 行人
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2011/11/25
  • メディア: 文庫



【関連記事】
Another 1話  Rough sketch<素描>
Another 2話  Blueprint<思惑>
Another 3話  Bone work<骨組>
Another 4話  Put flesh<輪郭>
Another 5話  Build limbs<拡散>
Another 6話  Face to face<二人>
・Another 7話  Sphere joint<変調>
Another 8話  Hair stand<紺碧>
Another 9話  Body paint<連鎖>
Another 10話 Glass eye<漆黒>
Another 11話 Makeup<惨劇>
Another 12話 Stand by oneself<死者>


【Amazon】
・Another 限定版 第1巻 [Blu-ray]
・Another 限定版 第2巻 [Blu-ray]
・Another 限定版 第3巻 [Blu-ray]
・Another 限定版 第4巻 [Blu-ray]
・Another 限定版 第5巻 [Blu-ray]
・Another 限定版 第6巻 [Blu-ray]

・anamnesis [Single, Maxi]
・凶夢伝染 [Single, Maxi]

・Another(上) (角川文庫) [文庫]
・Another(下) (角川文庫) [文庫]


タグ:7話 another

Another 6話 [Another 6話]

6話 Another 「Face to face<二人>」

見崎は拒否する権利は
あったみたいだった。

しかし、最悪が防げると
いうことで見崎になったのだ。


今年はない年でなかったのかと疑問に思う直哉。
始業式の日、机の数はピッタリだった。

しかし、転校生が来て机が一つ足りない。
泉美は恒一を偵察したが彼ではないと言う。


それにしても、
そんな大事なことをもっと
早く言わなかったのだろうか…。

それは、恒一が見崎に声を
かけてしまったからだった。

恒一は、見崎の古びた机を聞いた。
あれは、そういう決まりらしい。

そして、その机に書いている
“死者は、誰―?”は見崎が書いたもの。

それを書いたのは、自分が
死者でないと分かっているからだった。

なんで見崎には分かるのだろうか…!?

そこに見崎のお母さんが来た。
見崎とお母さんの会話に違和感を感じていた。
語尾に“です”、“ます”を使っていて
他人行儀みたいだったからだ。

見崎は、他の人がクラスから切られるより
自分だった方が気も楽だって…。

これで最悪が止まるならと。
人が死ぬことは悲しいこと。


見崎の帰りを心配する恒一。
それでも、見崎は大丈夫という。
見崎の左目がなくなったのは4歳の時で、
悪い腫瘍ができて目が覚めたら空っぽになっていた。

そこで、お母さんが今の目を作ってくれた。
見崎はその時、臨死体験をしていた。


その晩、親父から電話がかかってきた。
恒一は、中学の思い出話をしたか聞いたが
親父はなにも覚えていなかった。

しかし、親父から覚えのないことを聞かれる。
それは…

「どうだ1年半ぶりの夜見山は?」と。



2人で過ごす時間が流れていく。
そんなある日、2人で第2図書室へ。

写真に写っていた担任の先生は、辰治先生だった。
先生はこの話について詳しかった。
なぜなら、26年前の3年3組の担任だった。


辰治先生は、関係者ではないから安全と言う。
危険なのは、3組の構成員、二親等と夜見山市内。
夜見山から出ると安全だと言う。



こえぇー。。
迷いなく故郷を捨てますw




26年前の“みさき”は男性、フルネーム・夜見山みさき。
5月のある夜、彼の家が全焼。
両親と弟を含めて亡くなった。


そして、記録の改ざんの話になった。
中身はクラス名簿のコピーで、
1972年度から26年分のがある。

赤の×印がその年度に死んだ人。
一昨年の名簿では、一番下の欄に
名前が記されている。

それがその年の死者である。

その年に対策が施され死んだ人数も少なく、
前半は死人がいなかった。

ところが、二学期が始まってすぐに
いない者だった生徒が役割を放棄した。

「自分はここにいる、いる者として扱え!」

孤独とプレッシャーに耐えかねたのだ。
それで始まってしまった。



しかし、96年度の死者は浅倉麻美だったのだが、
そもそも彼女は93年度の生徒だった。

ところが、一昨年の4月から
翌3月までの間そうではなかった。

先生の記憶では、
一昨年の名簿に彼女の名前があった。
しかし、93年度の名簿には名前はなかった。

消えていた…。

だから、その年の現象が起こっている間は、なにが
どう動いているか調べても無意味なのだ。

人間の記憶も。。
そして、1年が経ち卒業式に死者が
姿を消した所でやっとすべての記録が
本来の形に戻り、増えたもう一人が分かる。

そして、死者として現れていた
彼女の記憶が失われていく。


この現象は、お手上げ状態。
有効なのはクラスにいない者作ること。


でも、いない者を2人にして効果はあるのか!?

最後に、恒一は辰治先生に
15年前・83年度は“ある年”だったのかを聞く。

“ある年”だった。

玲子さんの年だ。
15年前に恒一の母が亡くなったのは、
3組の最悪だったのか…!?

それを玲子さん聞いても、
なにも思い出せない。

夏休みになにかあったと言うだけ…。



翌朝、担任の先生の様子がおかしい。
急に3組の生徒に謝り出す。

黒いカバンの中には、庖丁が!?

そして…。

次回 「Sphere joint<変調>」 お楽しみに!


*当ブログをお気に入り頂けましたらRSSの登録、
facebookページに「いいね!」をお願いいたします!



Another(上) (角川文庫)

Another(上) (角川文庫)

  • 作者: 綾辻 行人
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2011/11/25
  • メディア: 文庫



タグ:6話 another

Another 5話 [Another 5話]

5話 Another 「Build limbs<拡散>」

ワイヤーが切れ落下したエレベータ。
それに乗っていた水野さんは床に叩きつけられなくなった。


水野のお姉さん・水野 沙苗(みずの さなえ)が
亡くなったことを見崎に伝える。

その様子を見る泉美たち
クラスの様子も少しおかしくなってきた。

そして、恒一は第2図書室で母親の写真を見つめる。
司書・辰治は恒一の母が3組で理津子だとは話すと、
辰治は理律子のことを知っていた。

教室に戻ると誰もいない。
カバンもあるのに…。

次のクラス委員を決めているとか…

優矢と郁夫が帰るのを下駄箱で待ち、
一緒に帰ることにした。

そうすると、郁夫がフェアじゃないと言って
「質問して、答えれるだけ答えるからって」

恒一は、すぐに見崎は存在するのかを聞く。
そしたら元々、病を持っていた郁夫は
胸を押さえて苦しみ死んだ。

次の日、教室に行くと誰も相手をしてくれない。
声をかけても無視される。

恒一は、気づいたのだった。
そして帰る時机の中にある紙が2枚入っていた。

それを見た、恒一は見崎のいる人形のお店へ。
そして、紙を見せて郁夫が亡くなったことを伝える。

さらに、教室にいるみんなの様子から
自分も見崎と同じ“いない人”になったことが分かった。


もう1つ、この人形の店は見崎の家だった。
見崎が幽霊でないことが分かった。

見崎に全部話を聞いた。
これが始まったのは5月から、
本当は恒一も一緒になって見崎を
いないものにしないといけなかった。

そこが手痛いミスだった。


でもなぜそんなことをするのか、
それは26年前のが引き金になっていると言う。

最初に起こったのが、
“みさき”の同級生が卒業した次の年。

それが起こると誰かが死ぬ。

“それ”っていうのは…。
クラスの人数が1人増えることだった。

誰か増えたの子なのか分からない。
25年前に新学期が始まってすぐ教室の
机と椅子が一つ足りないことが分かった。
クラスの人数に合わせて用意していたのに…。

学校の記録も名簿も改ざんされていて、
さらにみんなの記憶も変わっている。

これは本当のことなのだ。

始めはただの手違えだと思っていたが、
その年生徒が6人、家族が10人と死んだ。

そのもう一人は、死者であると見秋はいう。

幽霊ではない、実態があり心もあって
死者本人も死者である自覚がない。

その対策をいろいろ試した。
その結果、今行っている1人増えた分
誰か1人いない者にしてしまう。

そうやって、クラスを本来の人数にすればいい。
そうすればその年の最悪は、
防げるというおまじないが広まった。

次回 「Face to face<二人>」 お楽しみに!


*当ブログをお気に入り頂けましたらRSSの登録、
facebookページに「いいね!」をお願いいたします!



Another

Another

  • 作者: 綾辻 行人
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2009/10/30
  • メディア: 単行本



【関連記事】
Another 1話  Rough sketch<素描>
Another 2話  Blueprint<思惑>
Another 3話  Bone work<骨組>
Another 4話  Put flesh<輪郭>
・Another 5話  Build limbs<拡散>
Another 6話  Face to face<二人>
Another 7話  Sphere joint<変調>
Another 8話  Hair stand<紺碧>
Another 9話  Body paint<連鎖>
Another 10話 Glass eye<漆黒>
Another 11話 Makeup<惨劇>
Another 12話 Stand by oneself<死者>


【Amazon】
・Another 限定版 第1巻 [Blu-ray]
・Another 限定版 第2巻 [Blu-ray]
・Another 限定版 第3巻 [Blu-ray]
・Another 限定版 第4巻 [Blu-ray]
・Another 限定版 第5巻 [Blu-ray]
・Another 限定版 第6巻 [Blu-ray]

・anamnesis [Single, Maxi]
・凶夢伝染 [Single, Maxi]

・Another(上) (角川文庫) [文庫]
・Another(下) (角川文庫) [文庫]


タグ:5話 another

Another 4話 [Another 4話]

4話 Another 「Put flesh<輪郭>」

ゆかりは、足を滑らし階段から落ちた時、
投げ出した傘の先が喉に刺さって死んでしまった。

しかも、その日にゆかりの
母親も事故で亡くなっている

これは、例の呪いなのかと噂する。
今年はある年ってことなのか…
去年はない年だった。

始まったら毎月誰かが死ぬ、毎月1人かそれ以上。
親、兄弟は特に危ないのだった。




2.jpg

胸の診察をしに病院に来ていた。

無題.jpg

水野さんが声をかけてくれて、
事故のことで話して心配してくれていた。

水野さんには、3年3組の弟がいる。
名前は、水野 猛(みずの たける)でバスケ部。

普段家でも会話しないが、弟と少し話をして
この前の事故があって怯えていたと。

4.jpg

5.jpg

6.jpg

水野さんに見崎とクラス生徒の
関係についてと26年前の話をした。

それを聞いた水野さんは弟に探りを入れることに。
そして、お互い普通なら起こり得ないことに
気をつけるよう確かめ合う。





その帰りに綾野 彩 (あやの あや)と会う。

28.jpg

ちょうど出会って立ち止まったところが悪く、
隣に止まっていた車に積んでいたガラスが
強い風で2人に倒れて来たのだ!

9.jpg

やっぱり何かが起きている…。




恒一は、またあの人形のお店を訪れる。

10.jpg

11.jpg

お客さんはいないはずなのに、
見崎が見崎にそっくりな人形の近くから出て来る。

12.jpg

ふっと見崎から目を離すともう見崎はいない。





家に帰って、玲子さんと昔話をする。

14.jpg

しかし、疲れかなかなか思い出せない玲子さん。






ゆかりの死で動揺するクラス一同。

15.jpg

恒一がクラスの決めごとを破るか否か、
先生もあんまり触れたくないみたいだった。

16.jpg

下手な説明は、自縄自縛になる。
この状況は2年前と同じ、
新しい対策が必要なのでは…。




休み時間、直哉に電話した恒一。
6月になったら教えてもらう約束を
したが、泉美に頼まれなかったことになった。

18.jpg

その時、水野さんから電話がかかってきた。

19.jpg

20.jpg

弟に問い質すと見崎鳴はいないって…。

そう言いながら、
エレベータに乗った水野さんは…。

25.jpg

26.jpg

次回 「Build limbs<拡散>」 お楽しみに!


*当ブログをお気に入り頂けましたらRSSの登録、
facebookページに「いいね!」をお願いいたします!



Another 0巻 オリジナルアニメDVD同梱版 (カドカワコミックスAエース)

Another 0巻 オリジナルアニメDVD同梱版 (カドカワコミックスAエース)

  • 作者: 清原 紘
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2012/05/26
  • メディア: コミック



【関連記事】
Another 1話  Rough sketch<素描>
Another 2話  Blueprint<思惑>
Another 3話  Bone work<骨組>
・Another 4話  Put flesh<輪郭>
Another 5話  Build limbs<拡散>
Another 6話  Face to face<二人>
Another 7話  Sphere joint<変調>
Another 8話  Hair stand<紺碧>
Another 9話  Body paint<連鎖>
Another 10話 Glass eye<漆黒>
Another 11話 Makeup<惨劇>
Another 12話 Stand by oneself<死者>


【Amazon】
・Another 限定版 第1巻 [Blu-ray]
・Another 限定版 第2巻 [Blu-ray]
・Another 限定版 第3巻 [Blu-ray]
・Another 限定版 第4巻 [Blu-ray]
・Another 限定版 第5巻 [Blu-ray]
・Another 限定版 第6巻 [Blu-ray]

・anamnesis [Single, Maxi]
・凶夢伝染 [Single, Maxi]

・Another(上) (角川文庫) [文庫]
・Another(下) (角川文庫) [文庫]


タグ:4話 another

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。